1年目の住宅ローン控除は自ら確定申告が必須

金沢でも野々市でも住宅ローン借入1年目は確定申告を

金沢市や野々市にて新築や中古物件購入のために住宅ローンを借り入れた際には、その1年目に確定申告を自らおこなう必要があります。
実際、必要があるわけではないのですが、確定申告しないと1年目の住宅ローン控除を受けることができないので、普通に考えれば確定申告する必要があるといえるだけのことです。
2年目以降は会社などでおこなう年末調整によって控除が受けられますので問題ないのですが、得できるのであれば得しておくに越したことはありません。

税務署に提出する書類は下記を揃えることとなります。

・確定申告書
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・住民票のコピー
・金融機関等からの住宅ローンの借入金残高証明書
・土地や建物の登記簿謄本
・勤務先の源泉徴収票
・売買契約書や建築請負契約書

確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書は税務署に行って、住宅ローン控除申告のための書類が欲しいと言えばもらうことができます。

住民票のコピーは金沢市内にも各所に設けられている市の出先機関で自動交付機が利用できますし、最近ではコンビニで交付を受けることもできますが、コンビニ交付をする場合にはマイナンバーカードが必要となりますので注意が必要です。

登記簿謄本であれば金沢市の新神田にある合同庁舎で手軽に得ることができますし、借入残高証明書は住宅ローンを借り入れている金融機関からの交付となり、各種契約書は自宅に保管してあることでしょう。

以上より、必要書類については思う以上に簡単に揃えることができますので、ちょっとした時間を利用しながらでも十分に対応できるものです。

住宅ローン控除の確定申告の書き方がわからない

普段から親しみのある書類ではないため、住宅ローン控除のために確定申告をおこなう際、どのように書けばいいのかわからない方も多いかと思います。
サイト上で自動計算・書式作成機能のあるものもみかけますが、忙しい合間におこなう申告であるため、できるなら一発で確実に通したいものですよね。
e-taxなどもありますが、素人ではなかなか不安を感じるものであり、後日に税務署から不備を指摘されたりすれば、また手間がかかってしまいます。

時間に余裕のある方であれば、とてもおススメの方法があります。
それは、実際に税務署へ行って、その場で確定申告書を書き上げて提出するものです。

流れとしては、金沢市にお住まいの方であれば金沢税務署へと足を運び、税務署職員さんに見てもらいながら、その場で職員さんが言われるまま申告書に記入していき、提出して帰ってくるものとなります。
金沢税務署の職員さんはとても親切に教えてくれますので、あなたが何の知識を持っていなくとも確実な確定申告書の提出ができます。

注意点としては2つ。
添付書類はすべて揃えて持参すること。
そして、事前に電話でアポが必要かどうか、必要であればアポを取ることです。
飛び込みで金沢税務署に行っても、受付に来訪理由を告げれば担当者さんを呼び出してくれますが、やや待たされることもありますし、忙しい職員さんの都合も考えて事前に電話問い合わせをしておくことがおススメです。
金沢税務署は確定申告の時期になると混雑しているだけに、お手間をかけてしまう以上はアポを取るべきともいえることでしょう。

せっかく控除が受けられるのですから、夫婦が協力するなどして必要書類を手配して取り揃え、住宅ローン1年目の確定申告は済ませておきましょう。
控除が受けられる分だけ余裕ができますので、チリも積もれば山となるよう、その後の返済負担の軽減を意識していく良い機会ともなっていくのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする